仕上げ材サンプルの活用

こんにちは。

今回は仕上げ材について書いていきます。

仕上げ材は空間の表情を大きく左右するものなので

決めるときはいろんなサンプルを請求してから

決めることが多いです。

今回は木材のご紹介を少しだけします。

まずはこの写真。

左から「カラ松」「ベイ松」「コエ松」です。

同じ松でも木の種類によって色合いや模様などが違い、

どの素材をどこに使うかによって、

雰囲気が全然違います。

そして次はこの写真。

二つとも「ヒバ」という同じ木材なのですが

少し雰囲気が違うのがお分かり頂けますでしょうか?

実は左が「柾目」右が「板目」です。

柾目は年輪の線が真っ直ぐ入っているのに対し、

板目は年輪が弧を描くように入っています。

繊細な柾目と個性的な板目を使い分けることで、

空間の表情が、全く違った印象になるのです。

いろんな素材がある中で、

木材はさらに「柾目」「板目」があることで

選択肢が無限大にあります。

その中で最善の選択をしていくのが、

私たちの仕事でもありますが

お客様のご要望などを打ち合わせで

しっかり汲み取り反映させていきます。

新築やリノベーションなどを考えてる方は是非、

シン・空間研究所で、

自分の夢の建物について話してみませんか?

関連記事一覧

Free Consultation無料相談会のご案内

新築・リフォーム・リノベーション等お気軽にご相談下さい

PAGE TOP
店舗サイトはこちら